近江神宮。平成22年春の例祭、庖丁式奉納。

4月20日



近江神宮、春の例祭が執り行われました。

今年は天気に恵まれませんでしたが
無事、「花見鯉」の庖丁式を奉納することができました。


春の例祭は天皇陛下からの勅使が御祭神に神饌を供されます。
例年は楼門、外拝殿、内拝殿とまっすぐに上って奉納ですが、
雨ということで、回廊から神殿へ上がって行きます。



近年、春の例祭は天気が続いてきましたが、
例祭に雨というのは今年の春をいかにも表しているようでした。




平成22年近江神宮春の例祭。

庖丁式「花見鯉」

後見人:家元嗣清本健二
庖丁人:川西豪志
持出人:坂野博志
納人:小川勝義


スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

式包丁 清和協会 Seiwa Association of Court Knife Ceremony

Author:式包丁 清和協会 Seiwa Association of Court Knife Ceremony

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別記事一覧
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる